海と日本プロジェクト 家族対抗 はだし運動会 in 幕張

レポート

日時:2017年6月18日(日)、13時〜15時
会場:千葉県千葉市 幕張公園内 幕張の浜

朝からどんよりと曇った空の下、2017年1回目の家族対抗はだし運動会の準備が進められていきます。今回は幕張ビーチフェスタの会場内での開催。地元の平成国際大学の学生スタッフのみなさんが、運営サポートに入ってくれました。スタッフの祈りが通じ?開会の13時まではなんとか雨が降らずにいてくれました。

司会はプロ野球やBJリーグで会場を盛り上げているMCの南隼人さん。アシスタントは「妖怪体操」で子供達の人気者になった関口亜里紗さんが担当してくれました。まずは家族対抗はだし運動会おなじみの「ビーチフラッグス」から競技スタート。毎回各地の特産品をフラッグ代わりに奪い合うのが家族対抗はだし運動会隆ですが、幕張では”さつまいも”をチョイス。幕張は江戸時代に関東で初めてさつまいもの栽培がスタートした所で、隠れた特産品とのこと。

途中から雨が降り出してしまい、参加者はテントに避難。空模様と相談しながらの家族対抗はだし運動会となりました。雨に負けじと頑張る幕張家族!!次のゲームは幕張のご当地プログラム「幕って張って走って掘って、幕張芋神様を探せ!!」。砂場に張り巡らされた「陣幕」の周りを回って、いち早く陣幕の中に埋まっているさつまいもを掘り当てるというゲームです。

いよいよ家族対抗はだし運動会の最終メニュー、「パパとママのおんぶと競争」がスタート。雨に濡れながらも、パパたちはママを抱っこし、子供達をおんぶして、全力で往復40メートルの砂浜を駆け巡ります。

ゴールした後は、これまた「パパとママのおんぶ徒競争」の名物ルール、”パパとママがキスしたら大幅ポイントアップ!!”の時間です。ママや子供たちからキスされて、パパ達は本当に嬉しそう♫

そんなこんなで、雨中での開催となった2017年第一回目の家族対抗はだし運動会も、幕張家族の熱い熱気で最後まで走りきることができました。幕張の皆さん、本当にありがとうございます。また来年、お会いしましょう!!

実施プログラム

イベントスケジュールイベントに参加される皆様へ