はだし運動会に臨む皆様へ!
我がイクメンクラブとともにはだし運動会を創り上げている日本ビーチ文化振興協会で理事長を務めるバレーボール・ビーチバレーボール元日本代表“ライジングサン”こと、朝日健太郎さんのインタビューです!

~体育館からビーチに舞台を移して変わったこと~
朝日さんといえば、ビーチバレーで活躍する前は、バレーボールの日本代表選手としても活躍されていました。そんな朝日さん、活躍の舞台をビーチに移すようになって変化があったそうです。

「毎日、はだしで活動するようになって劇的に感覚が変わりました。暑かったり寒かったりを肌で感じるようになって、自然とイキイキするようになりました。やっぱり、砂浜とか屋外で活動すると体も心も健やかになることを実感。そこからはだし文化の創造をライフワークにしていこうと考えました」

~パパとして、はだし運動会との出会い~
朝日さんもまさに今、子育て真っ只中のパパ。だからこそ、この家族対抗はだし運動会にかける思いは強いのです。

「父親になって、自分の世界観はまるっきり変わりました。父親としての役割、そして責任感。我が子はもちろんのこと、次の世代に向けてどう未来につなげていくか、考えるようになりました。それぞれの人生がありますが、やはり家族は人生の"核"であり"根っこ"だと思います。だからこそ、太くしっかりとしていくことが大事ではないでしょうか。はだし運動会では大人たちがハッスルして、その姿を子どもたちが応援する、そんな家族一丸になる姿は家族にとって素晴らしいものになりますよね。参加してくれた家族のその日の晩御飯がおいしくなったらいいな、と思っています。」

~FINEPLAY!とLOVELOVEポイント!~
はだし運動会では審判部長として競技を見守る朝日さんが持つ「FINEPLAY!」と「LOVELOVE」のうちわ!これが出れば、ポイントが加算される重要なアイテムなんですが、朝日さん自身が思わずこのうちわを出したくなるポイントとは?

「FINEPLAYは勝ち負けに関わらず、一生懸命な姿を見せてくれた人に出します。やっぱり競争ですからね、闘志むき出しで頑張ってほしい。よきライバルと切磋琢磨して戦うことは人生にも大事ですからね。LOVELOVEポイントは、なんといってもパパとママが照れを捨てて愛を見せてくれた時です!はだし運動会ではアノ頃を久しぶりに思い出して、やっぱりパートナーあっての自分であることを実感してほしいです。そういう姿を見ている子どもたちはやっぱり嬉しそうでいいですよね!」

なるほど!
競技の勝敗だけでなく、いろいろな楽しみ方をしてもらいたいですね!
「海と日本プロジェクト 家族対抗はだし運動会」は11月19日(土)には幕張で開催されます!
まだ間に合うのでぜひこぞってご参加ください!

 

家族対抗 はだし運動会へもどる
このイベントは、海と日本プロジェクトの一環で実施しています